CMSで管理する「政府のオンラインサービス共通基盤と連携した申請・手続きナビゲーション」の提供を開始
製品紹介

株式会社スマートバリューがCMSで管理する「政府のオンラインサービス共通基盤と連携した申請・手続きナビゲーション」の提供を開始

株式会社スマートバリューは、1月20日より全国の300以上の自治体公式webサイト運営で培った「SMART L-Gov/CMS」とオンライン行政プラットフォーム「GaaS [Government as a Service]」とのデータ連携機能をリリースしました。

株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、取締役兼代表執行役社長:渋谷 順)は、2022年1月20日より全国の300以上の自治体公式webサイト運営で培った「SMART L-Gov/CMS」とオンライン行政プラットフォーム「GaaS [Government as a Service]」とのデータ連携機能をリリースいたしました。

これにより行政課題である申請・手続き情報などの重複管理が大幅に改善されるようになります。
また、各市町村サイトで申請・手続き情報を検索する際の導線強化となる「おまかせナビゲーション」機能をリリースし、マイナンバーカードやマイナポータルの利活用機会を増やすと同時に、政府が掲げる自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の実現を推進します。
自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画などを背景に、各市町村では急ぎオンライン申請ツール導入の動きがみられました。また、住民による手続き情報の取得については、まずは各市町村サイトにて情報検索する傾向が高いことに加え、手続きの種類や数が多く正しい情報に辿り着きにくいことなどから、手続き情報への導線づくりが課題でした。更に政府が提供するぴったりサービスの活用も重なり、各市町村サイト内にある手続き情報と重複管理になることが職員の負担となっていました。
おまかせナビゲーションイメージ

おまかせナビゲーションでは利用者の手続き検索需要が高い「転入」「転出」「転居」「結婚」「離婚」「妊娠・出産」「お悔み」「氏名変更」の基礎シナリオ提供により、職員負荷の軽減に努めます。

スマートバリューでは、現中期計画最終年度(2024年6月期)には「SMART L-Gov」「GaaS」などの自治体向けSaaS提供数1,436件導入(2021年12月31日時点864件)を目指しており、本機能拡張による更なる利便性の向上により目標達成に向けて推進を図っております。

「SMART L-Gov」は、様々な社会課題を解決するための自治体様の利用に特化した「SMART L-Gov CMS」を中心として展開する地域情報プラットフォームです。「SMART L-Gov CMS」は全国300以上の自治体様で、「SMART L-Gov」全体では800以上のご契約をいただいております。

スマートバリューは、インターネットを活用したオープンな電子行政の推進「オープンガバメント」を見据え、「SMART L-Gov」 の展開を通じて培ってきたノウハウを活かし、行政・企業・住民が一体となって地域づくりに取組む“新たな公”の実現の支援や、行政サービスのDXを通じた地域課題の解決に努めております。
スマートバリューは、2020年7月より、IDを用いたオンライン行政プラットフォーム「GaaS」上のサービスとして、オンライン申請を実現するためのアプリケーション・スイートである「Port」「Gate」「Form」、そしてオンライン化に向けた調査・分析サービスである「Arrange」の提供を開始しております。
会社名 : 株式会社スマートバリュー
代表者名 : 取締役兼代表執行役社長 渋谷 順
所在地 : 大阪市中央区道修町三丁目6番1号 京阪神御堂筋ビル7階
設立年月 : 1947年6月
資本金 : 959,454千円(2021年6月末現在)
上場市場 : 東証一部(証券番号:9417)
事業内容 : クラウドソリューション事業
ホームページ : https://www.smartvalue.ad.jp/