【株式会社アドテクニカ】500社以上のDX化を推進する、デジタルマーケティングプラットフォーム「FREECODE|フリーコード2.3 最新版リリース。
News

【株式会社アドテクニカ】500社以上のDX化を推進する、デジタルマーケティングプラットフォーム「FREECODE|フリーコード2.3 最新版リリース。

上場企業をはじめデジタルマーケティングツールを開発提供する株式会社アドテクニカは、主力サービス『フリーコード』最新バージョン2.3をリリースしました。本リリースにより企業のリモートワークにおけるマーケティングツールとして効率化を図ることができ、営業部門・マーケ部門・制作部門のDX推進としての生産性を高める一助となります。

目次
■ フリーコードver2.3開発背景 >>
■ 『フリーコード』最新バージョン2.3の概要 >>
■ SEO効果抜群のCMS「フリーコード」サービス概要>>
■ アドテクニカについて>>

上場企業をはじめデジタルマーケティングツールを開発提供する株式会社アドテクニカ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:下村 聡)は、主力サービス『フリーコード』最新バージョン2.3をリリースしました。本リリースにより企業のリモートワークにおけるマーケティングツールとして効率化を図ることができ、営業部門・マーケ部門・制作部門のDX推進としての生産性を高める一助となります。本年度(2022年6月末)期末までには中堅大手企業105社への新規サービス導入を目指しています。

今回の大幅なアップデートは上場企業をはじめ中堅大手500社以上の企業で利用されている顧客の声を吸い上げ、中でも優先順位の高かった「効率性」「機密性」「快適性」の3つのコミュニケーション性能向上を通じて、なめらかで心地良い操作性を実現します。

コロナ禍による外出自粛によりホームページでの情報収集の需要が益々高まりネット通販が顕著に伸びる中、法人企業の非対面での営業・販売活動のデジタル化推進の転換期となっています。デジタルマーケティングにおけるCMS(コンテンツマネジメントシステム)の『フリーコード』は、特にGoogleなどの検索エンジンにおける上位表示機能などの技術や専用デザインテンプレートのプラットフォーム機能などが評価され、現在では中堅大手500社以上の企業へビジネスの成長を支えるサブスクリプションサービスとして導入の拡大をしてきました。

近年ではデジタル化が牽引しリモート化が推進されることにより、企業内におけるホームページやWEBシステムの専属スタッフの人材育成も大きな課題となっています。同社では10年以上に亘り顧客のWEBマーケティングにおける人材育成をテーマとして、「無料テクニカルセミナー研修」を提供し、導入後のアフターサポートのノウハウと実績を蓄積してまいりました。

この度その研修の中の顧客の声を元に、業務フローの「機密性」、膨大な量の画像などのファイル転送の「効率性」、サイト閲覧の「即時性」などの機能を中心とした利用者ニーズの高まりを受け本アップデートのリリースに至りました。
今回の『フリーコード』のバージョンアップでは利用者からの要望を取り入れ、約15種類以上の主な機能を拡張させたことにより、デジタルマーケティングにおける業務の効率化と生産性向上をさらに推し量ることが可能になりました。またお客様の声に寄り添い、あらゆる要望に応えた今回のアップデートでは、管理者ならびにエンドユーザーに向けて「性能」も「効率」も「セキュリティ」も格段に向上しました。

心地よいなめらかな操作性で、あっという間にあざやかなホームページデザインに生まれ変わります。

<<主な3つ機能>>
1.編集権限設定機能
より高度なセキュリティを柔軟に!!
ホームページ管理を分散化。 ユーザ毎に編集できるカテゴリ権限を付与することができるようになります。部署や担当者別に編集できるページを制限することが可能に!

2.ページ予約公開機能
好きなタイミングでいつでも予約ページを自動公開!
ページ保存時、指定の時間に公開されるよう予約設定することが可能になります。休祝日、深夜の公開も予約設定で バッチリ!

3.画像の一括登録機能
わずか一瞬!膨大なファイル登録の高速化。
今まで一度に4つに制限された画像転送は同時に無制限にアップロードできます。ドラッグ&ドロップだけでカンタン直感的に!

4.そのほかの豊富なコミュニケーション機能  
アンドゥ機能
テンプレート機能改善
レスポンス改善
ランディングページ作成機能
画像差し替え機能追加
カテゴリ階層化
文字サイズ機能改善
新着情報の予約更新
行間調整機能追加
CSVインポート機能
新着情報機能改善
※一部機能の名称が変更になる場合がありますのでご了承ください。

※SEO対応CMS『フリーコード』最新版2.3詳細ページ
https://www.freecode.jp/blog/detail.php?c=129

■フリーコードの価格:モデルプラン月額費用20000円〜

セキュリティ常時SSL対応
スマートフォンレスポンシブ自動対応
無償アップデート対応
無料テクニカルセミナー研修対応
専用オリジナルデザインテンプレートサイト無償提供
検索エンジンSEOキーワード管理機能対応
無料アクセスログ解析コンサルティング(年1回)
クラウドサーバ利用料含む(海外リージョン含む)
ヘルプデスクサポート(オンライン24時間受付)

※上記以外の上位モデルプランについては料金ページをご覧ください。
『フリーコード』料金モデルプランはこちら
https://www.freecode.jp/price/

■無料トライアル実施中!

新しい最新版を無料で体験頂けます。さあ、今すぐはじめましょう。
賢い企業のための賢いプラットフォーム『フリーコード』

※『フリーコード』無料トライアルはこちらから
https://www.freecode.jp/contact/
『フリーコード』とは上場企業をはじめ500社以上に支持される、中堅大手向けのデジタルマーケティングを推進するWEBサイトの情報管理プラットフォームです。オリジナルのデザインでホームページを構築し、自由なデザインレイアウトのページを無制限で管理でき、Googleなど検索エンジンマーケティングにおける集客効果が高いことがお客様に高い評価を頂いています。

導入後のサポートにおけるWEB専属スタッフの人材教育も無料で実施しており、上場企業のセキュリティ評価をクリアする高度なプラットフォームで運用され導入後のアフターフォローも万全です。またプロのデザイナーが制作したアイコンバナーなどの豊富なWEB素材が使い放題で、企業のアイデンティティに則った自由なデザインで、1から制作することなく直感的な高い操作性で運用できることも『フリーコード』の大きな特徴です。

ご要望に合わせてWEBマーケティングやコンサルティング支援のプランも充実しており、オウンドメディア(自社WEBメディア)の構築ガジェットはいつでも連携でき、コンセプト開発からコンテンツ作成支援まで豊富な成功事例を幅広く取り揃えています。また新規リード(見込顧客)獲得における「資料請求」「予約申込み」「採用エントリー」「LPフォーム」構築等も、連携ガジェットで瞬時にプランアップできるため、ビジネスの成長に合わせ非常に速いスピードであなたに相応しいWEBマーケティングを展開することが可能です。

さらに最近では価格が上昇傾向でコストの嵩む人材採用の市場でも、上場企業などでのリクルーティングサイトで活用され、高いエントリー数を叩き出す成功事例を積み上げています。

※『フリーコード』公式サイト
https://www.freecode.jp/
株式会社アドテクニカは、「世界中のコニュニケーションをクラウドで最適に」することをミッションとして掲げ、法人向けのデジタルコニュニケーションおよびデジタルマーケティング領域のクラウドサービスの開発提供を行っています。

CMSツール「フリーコード」、ECサイト構築ツール「アクセスショップ」などのデジタルマーケティングツールや、BCPプラットフォームの安否確認システム『安否コール』などのデジタルコミュニケーションツールを主軸とした、上場企業をはじめとした中堅大手2000社以上の法人向けソリューションを強みとして展開しております。 これからも”人と人とのコミュニケーションをデザインする”ためのテクノロジーを通じて、安心安全で快適な『心地良い』ソリューションを提供して参ります。

1977年デザイン会社として創業。法人向けのデザインならびにマーケティング支援を展開。インターネット黎明期にITの可能性にいち早く着目しIT分野へ事業領域を拡大。WEB制作のみならずシステム開発事業へ転換。2000年初頭より開発するクラウドサービスを法人2000社以上へ提供し現在に至る。

会社概要
URL: https://www.adtechnica.co.jp/
設立:1982年4月
所在地:422-8041 静岡県静岡市駿河区中田2丁目4-40
資本金:1,000万円(2021年9月30日時点)
代表取締役社長:下村 聡
事業内容:クラウドサービスの企画・開発・販売
CMSプラットフォーム『フリーコード』
安否確認システム『安否コール』  
ERP連動ECプラットフォーム『アクセスショップ』
顧客管理MAP『eMAPロケーション』
≪ISMS ISO/IEC27001 JISQ27001≫認定事業者(認定番号IA165279)
≪プライバシーマーク JISQ15001≫取得事業者(登録番号10824463(02))
≪ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度≫ 認定事業者(認定番号0239-2004)